デビットカードとEdyは何が違うのか

現金を持ち歩くという煩わしさがなく、多くのお店で利用することができる、デビットカードやEdyが人気になっています。カード一枚差し出すだけで、ほとんどの商品を購入することができますので、多くの人がこれらのカードの作成を行っています。
デビットカードとEdyの違いはそのカードに入金する方法が違います。デビットカードは銀行の口座から直接お金を引き落としてしまいますので、デビットカードを作った口座に入金しておくことが利用するときの前提条件になります。口座に残高がないときには利用することができません。
一方のEdyは、入金をする機械でお金をカードにチャージすることで利用することが可能になってきます。チャージする機械はコンビニやデパートなど多くのお店に設置してありますので、その機械にお金を投入することで利用が可能になってきます。いずれのカードも口座に入っている金額、機械でチャージを行った金額の範囲内で利用することが可能です。
最近ではEdyを利用して飲み物が購入できる自動販売機も登場してきていますし、これらのカードを利用して一定の金額以上利用すると、金融機関からキャッシュバックが行われたり、利用したお店のポイントが多くなったりといろいろなサービスをこれらのカードを利用することで、受けられるようになっています。利用をすることで大変にお得なカードになっていますので、ぜひともお財布の中に入れておきたいカードになっています。
デビットカードおすすめランキング|VISAで比較(年会費無料)はこちら

インターネットの審査でのキャッシングを利用した体験談

生活のために、どうしてもお金を確保する必要があったため消費者金融のキャッシングサービスを利用することにしました。サービスを利用するためには新規の申し込みが必要になりますが、最近は電話やFAX以外にも申し込みができることが判明しました。スマートフォンやパソコンからでもインターネットに接続することで、電話やFAX以外にも申し込みができるとのことだったので、早速ネット経由で新規の申し込みをしました。
 カードローン比較でキャッシングサービスの申し込みをするためには、身分証明書が必要になります。常時運転免許証は持ち歩いていたので、それをスマートフォンで撮影してネット上にアップロードしました。専用のフォームにそれ以外の情報を入力したところ、すぐに審査に入ることができました。審査の内容はリアルタイムで確認できるとのことだったので、スマートフォンの画面を見ながらじっと待っていました。審査では信用情報の確認をしているようで、借金歴や他社からの借り入れについて調べていました。幸いなことに私にはそういったトラブルはなかったので普通に審査に通過することができました。ここまでの時間は1時間程度とかなり短く即日でキャッシングサービスの申し込みが完了して、専用のATMからお金を引き出すことができるようになりました。サービスにインターネットから気軽に申し込むことができて助かりました。電話やFAXだともう少し時間がかかりそうだったので安心でした。